人形供養について

宝鏡寺と人形供養

京都旧百々御所宝鏡寺-人形寺-

宝鏡寺では皇女が入寺されていたことから御所より人形が贈られ、孝明天皇(こうめいてんのう)御遺愛の人形をはじめ、由緒ある人形を数多く所蔵しています。

寺内の人形を外部に公開することはありませんでしたが、内外の要望に応え、昭和32(1957)年の秋より人形展が始まりました。

その後関係者によって年1回、秋に人形供養祭(及び関係物故者供養祭)が営まれることとなり、人形塚も建立され、人形の寺として知られるようになりました。 その頃より人形が納められて供養するようになり、今日に至っています。

京都旧百々御所宝鏡寺-人形寺- 京都旧百々御所宝鏡寺-人形寺-

人形塚の歴史は意外と新しく、境内に建てられたのは昭和34(1959)年のことです。 1950年代半ばに、京人形商工業協同組合が、京人形を本格的にアピールしていこうと建立を計画したものです。

塚には、吉川観方(よしかわかんぽう)氏により、京人形を象徴する愛らしい御所人形が彫り込まれています。その台座には、武者小路実篤の歌碑が寄せられています。

人形塚は、人形と人形制作に一生を捧げた人たちの供養塔として、真摯な意味を持つものです。

人形よ 誰がつくりしか
誰に愛されしか 知らねども
愛された事実こそ
汝が成仏の誠なれ 武者小路実篤

人形のお納め・御供養の受付

お寺へ直接お納めいただく場合
受付 毎日10時から15時まで(年末年始はのぞく)
お納め方法 ガラスのケースや木・紙箱から必ず出して、お人形のみ紙袋やポリ袋にまとめていただき、受付まで御持参ください。
御供養料 3,000円~
かさばったり重量があるものに関しましては、お火上げの手数料の都合上、御供養料が加算されます。 御了承の上、お納めいただきますようお願い申し上げます。

※目安として、ポリ袋(45リットルの袋の口が余裕をもってしばれるくらい)にまとめていただき御供養料5,000円になります。

お寺へ送っていただく場合
受付 宅配便・ゆうぱっくでも受け付けております。
お納め方法 ガラスのケースや木・紙箱から必ず出して、お人形のみミカン箱くらいまでの大きさの箱(約30cm×40cm×30cm程度の箱、またはゆうパック箱=大サイズ)に納め、お名前と郵便番号、御住所を記入した用紙と、御供養料として一箱につき5,000円を封筒に入れ、箱に同封してお送り下さい。
御供養料 5,000円
その他
受付 御供養のみ受け付けております。
受付にて紙のひとがたに名前を書いてお申込みいただきます。
御供養料 3,000円
  • ぬいぐるみ、動物の人形なども受け付けております。
  • 雛人形や五月人形の台、お飾り、お道具類は受け付けておりません。お人形のみお納めいただきますようお願い申し上げます。
  • 納められた人形は、ある程度集まりますと、お火上げとなります。
  • お火上げの日まで毎日お勤めがされます。
  • 受付で書いていただいた紙のひとがたをお火上げした灰の一部は、毎年10月14日に行われる“人形供養祭”にて人形塚の中に納められます。
京都旧百々御所宝鏡寺-人形寺- 人形供養祭に納められたお人形たち 京都旧百々御所宝鏡寺-人形寺- お勤めの後に行われる奉納舞
人形供養祭10月14日 10:30~12:00

人形供養祭には、この日に持ち込まれたお人形を並べ、年に一度の総供養の日として、寺内でお勤めが盛大に執り行われます。

当日は、お勤めにご参列の上、お焼香もしていただけます。 この日は島原太夫による舞などが奉納されます。

※人形供養祭にお納めの人形の受付は、当日10時から10時30分までとなっております。

人形供養祭の詳細は
こちらをご覧ください